ビタミンCを多くふくむ食べ物にはどんなのがあるの?

美白や美肌効果を期待したい方にぜひ積極的に摂取してほしい栄養素がビタミンCです。
ビタミンCの栄養素はサプリメントからも摂取することができますが、できるだけ普段の食生活から摂取するのが望ましいです。
ビタミンCが多く含まれる食べ物を把握することで美白と美肌が近づく期待が持てます。
ちなみにビタミンCの成人の1日の推薦量は100グラムです。

 

野菜のなかでビタミン含有量がもっとも多いのは赤ピーマンです。
100グラム中にビタミンCは170ミリグラム赤ピーマンは含まれています。
次に多いのが芽キャベツです。
これは160ミリグラムです。

 

そのほかの野菜はゆずやケール、パセリ、レモンなどがあります。
ビタミンCの栄養素というとジャガイモやゴーヤーが多いとイメージしていた方も多いはずですが、実際に多いのは上記の野菜になります。
赤ピーマンは野菜炒めやサラダなど手軽に摂取しやすいのでぜひ毎日の野菜摂取で意識して摂ることがおすすめです。

 

 

次は果物のカテゴリです。
イチゴが最も多いと思っている方は誤解です。
もちろんイチゴもビタミンCを多く含んでいる食べ物に当てはまりますが、100グラム中62ミリグラムがその栄養素の含有量になります。
これを大きく上回る100グラム中1700ミリグラムのビタミンCを含むのがアセロラの果物になります。
アセロラの次がキウイフルーツ、柿になり、イチゴがその次に当てはまります。

 

最近ではアセロラはスーパーでも見かけることもでき手軽に購入することができます。
またアセロラジュースなどの飲料タイプも販売されているので気軽に摂取できるのも魅力です。

 

 

肉類にもこの栄養素は多く含まれます。
もっとも多く含むのはローストハムはボンレスハム、ベーコンなどです。
100グラム中、ローストハムは50ミリグラム、ボンレスハムは49ミリグラム、ベーコンは35ミリグラムになります。
魚介類では焼きのりがトップです。
100グラム中210ミリグラムを占めます。